憧れの五右衛門風呂

お宿の目玉。
憧れの五右衛門風呂です。

実は一回も入ったことないのです。薪でトロトロとあっためるから、身体のぬくもり方が違うみたいですね。

五右衛門風呂の施工は、隣村のベテラン左官の親方さん(御歳81歳!)にお願いしました。
なんと五右衛門風呂施工は50年ぶりとのことですが、流石プロ!のお仕事に惚れ惚れしています。

同じ村のお世話になっている先輩も左官やさん。親方のお弟子さんです。

「昔は、もの言うてくれんかった」

相当厳しかったようです。

今は息ぴったり。

慎重に焚き口を確認しながら基礎を固めているところ。

納得がいくまで一切妥協を許さない、親方の背中。

前方後円墳のようなかたち。

親方の持っている焚き口の前に写っている鉄格子。。

「ロストル」といって、風の通りをよくして燃焼を助けてくれるものなのですが、(キャンプの焚き火台や焼き鳥屋さんでも使われる)

 

親方から何度聞いても

「ドストル」

としか聞こえず。。必死に検索するも見つからず。。

「ロストル 」とわかるまでちょっと時間がかかったというお話(笑)

わたしは生まれも育ちも播州ですが、播州弁のなかでも「瀬加弁」はなかなかディープでおもしろいです◎

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です